2004年07月29日

6年目10月

おれより進行が遅い奴のチームの方が強そう(笑)

5年目1stステージは結局優勝!
ただし2ndステージは勝つ事が出来ず、2点先行しても追いつかれるような試合が続出し13位で終了。テストっぽいメンバー構成をした事もあるけど1stステージで優勝するチームが2ndこんな順位で終わるのは珍しいだろう(笑)
2ndステージ開幕前にDFの水崎を半年派遣。選手の獲得はなし。後1年目に無理して獲得して以来チームの攻守の要だったMFネグアイが引退。31歳で余力を残しての引退だけど若いボランチの武村、エスクーデに使える目処が立ったところなので不安はない。

チャンピオンシップは磐田に2ndステージの順位関係そのままにボッコボコにやられたが、ニューイヤーカップでは選手のコンディションもいい具合に上がって優勝。

その他の成績はJリーグカップ:ベスト8敗退、アジアチャレンジカップ:優勝、ワールドチャレンジカップ:ベスト4敗退だけど、予選リーグではニューカッスルに0-7なんて事もあった(笑)

6年目新人獲得はなし。長い事トップ下を務める曾我に衰えがあるだけに早く後釜を獲得したいところだが。。。 やっとオフに鬼の効果のアフリカチーム3つがそろった!
4月にFC東京からMF曽我康治(21)を獲得。年齢は気になるけど来季以降トップ下のスタメンとすることを見据えすぐにFCポルトに1年間派遣。

ニューイヤーカップ獲得したので、アジアグレートクラブカップに出場し初優勝。リーグ戦との週2試合態勢にターンオーバーで対応したがリーグで出番のないカップ戦組が奮闘しアジア王者に!
リーグ戦は最初は好調を維持したが、終盤3試合連続で2点差を追いつかれた事が響いて最終節前に優勝の可能性がなくなる。最終節は勝利し2位で終了。

2ndステージはまた2点差追いつかれたりとかはあるが(笑)、10節終了時点で首位。

2年目の水城が得点を量産しているし、ユース組・生え抜き組の日本人を中心としたチームが出来つつある。

Posted by inchiki_castle at 2004年07月29日 19:53
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?






Trackback
このエントリーのトラックバックURL:
http://ic.dreamroad.org/mt/mt-tb.cgi/73