2006年08月04日

自己完結型応援スタイル

ここで応援出来ない事に悔しさを感じましたが、楽しい試合を見る事が出来ました。

詳しくはいわきアルファーワンに予約を取る人のブログ
続きかきますた。


・神戸が敗退した事で行くモチベーションは下がっていたが、仕事帰りにむしゃくしゃして行ったパチンコに勝った勢いで横浜に向かうw
・柏ユースは6番、ヴェルディユースは10番、11番が目を引いた。特にヴェルディの10番のボール扱いは素晴らしい。11番は意外性のあるシュートを数本放った。柏は攻撃が作れないなと思ったら攻撃の柱が不在だったようで・・・
・1試合目ハーフタイムでアルファーワンに釣られた人と合流。慣れないベンチシートに落ち着かない様子ww
・直後に某U-18監督を発見w
・圧倒的にヴェルディの攻撃が続いたが・・・「決められない」事が彼らの大きな課題なのかも知れない。

・二試合目は今年見たサッカーの中でもかなりのレベルに入る好試合。試合としては圧倒的に「東京の試合」だったと思うが・・・
・しかし忌まわしいチームはしっかりした技術を持っている。ホントに忌まわしいが認めざるをえない。一点目の6番のミドル、二点目のゴール前3人でのCKからのゴールは高い技術があってこそである。
・審判が結構Nだったのが残念。忌まわしいチームの退場もルール上は妥当かも知れないが・・・終盤はFC東京の自己完結応援者+リアルサポがかなりやかっていたw
・2点を取られた後の東京の攻撃はすさまじかった。いつ点が入ってもおかしくないと思ったが後一点届かず。

・他チームでも選手が倒れこみ涙する姿はあまり見たくないものだ。
・三ツ沢にはかなりの観客が集まった。このような雰囲気で応援し、「素晴らしい彼ら」のプレーを見たかった。三ツ沢といい、Jビレといい根っからのサッカー好きが集まる雰囲気が最高だった。

Posted by ic_mobile at 2006年08月04日 23:02
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?






Trackback
このエントリーのトラックバックURL:
http://ic.dreamroad.org/mt/mt-tb.cgi/530