2008年06月15日

日曜のサッカー

久しぶりにサッカー観戦出来る週末。
そう観戦出来ないので、スイーツ氏にお世話になりU‐18プリンスリーグとトップ2試合を観戦しました。

□U18プリンスリーグ神戸ユース戦
前半と後半でがらりと展開が変わりました。ハーフタイムには敗戦を予測する材料は少なかったのも事実。しかし、「はまってしまった」
終了間際の一点差にせまる山口蛍選手のまさに執念のゴールは今後のチームを熱くさせるはず。怪我の程度が軽い事を祈る。
全国への切符は最終節のガンバユース戦へ…

□トップ甲府戦
前半30分前に到着。いつぶりか分からないくらい久々の長居スタジアム。
メインスタンドのゲートをくぐる前にアウェー側から歓声が。0−2らしい。前半は嫌になるくらいの崩壊ぶり。
しかし、後半からフル代表19歳が入ると全く一変。膝にくるコロコロオウンゴールと彼のゴールであっというまに同点。
その後は追加点奪えず→カウンターから逆転される→すぐに羽田のヘッドで追い付く となんとか勝ち点1。

羽田のゴールの後は久々に熱くなったが、そもそも19歳、しかも前日にタイで80分代表として試合している男に命運を託するのはチームとしてかなり”アレ”ではないのか。監督的にはドヤなのかは知らないが。

Posted by inchiki_castle at 2008年06月15日 23:41
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?






Trackback
このエントリーのトラックバックURL:
http://ic.dreamroad.org/mt/mt-tb.cgi/768