2008年12月01日

ついつい脚立を蹴りたくなってくる




最終節には行けない事もあり、バッシングを受けながら正田醤油スタへ。


改修絡みか動員の関係かアウェーの観戦場所が芝生のゴール裏に変わって反対サイドのゴール前は詳細不能な中観戦。
モチベーションが上がっている事が予想されながらも、あまりに出来の悪い草津を相手にセレッソが鮮やかな攻撃を繰り返す。正直何点入っても不思議のない展開だった。
謎の帰国?をしたジウトンの変わりに入った平島も安定した攻守に貢献した。
草津GKが4点目の後、明らかに心折れてしまうほど。

翌日仙台が鳥栖に大敗し、入れ替え戦出場の3位の可能性は残る。ただこのようなサッカーをいつも…いや2、3試合前から出来ないのはなぜか。
結局そこに行き着いてしまうわけだが…

最終節は偉大な「8」のラストゲーム。クラブの歴史に残るゲームとなる。何度も死んだ身でここまで残ってしまった立場。仙台の経過は抜きにして素晴らしいゲームを望む。

Posted by inchiki_castle at 2008年12月01日 18:08
コメント

結局、直接対決を落とした事が響いてしまいました。
明日の入れ替え戦はゆっくりテレビで楽しみます。

Posted by: inchiki_castle at 2008年12月09日 12:05

この正念場に、勝ち点3は当然だけど、大量得点で勝利できたC大阪はやはり立派!
それに引き換え、ここに来て3試合勝ちに縁のないベガルタ。。。
当たり前なんだけど、勝ったほうが入れ替え出場。引き分けだとベガルタはは厳しいけど。
お互いがんばりましょう(応援を)。

Posted by: わかこ at 2008年12月02日 11:24
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?






Trackback
このエントリーのトラックバックURL:
http://ic.dreamroad.org/mt/mt-tb.cgi/791